2012年10月11日

リアブレーキフローティング化

 '80年代後期から'90年過ぎた頃まで、レーサーに採用され流行ったリアフローティングブレーキキャリパー。
 その後、「効かない・意味無い・かえって使い勝手が悪い」など、多々の理由によって廃れたシステム。

 かく言う自分も「無意味」で一蹴していたものの、こうも廃れるとかえってやって見たくなると言う厄介さん。

 で。
121011-rbs-fr_101.jpg121011-rbs-fr_102.jpg

 やってみた(笑。

121011-rbs-fr_103.jpg

 シャフト部分にはボールベアリング使用。
 スペースと可動角度が狭く、ボールベアリングは向かないとは思うが、取りあえずベアリング使用。
 スライドメタルの使用の方が適していると思われる。


 実走行の感触は、効きを感じにくい。
 制動力自体は、キャリパー&マスターが変わっていない以上大きく変わることは無いと思うのだが、
 サスの動きに制限が出ない>車体姿勢の変化が殆ど無い為か、効いている感じがしない。

 そもそも、自車両は小径ディスクに変更されているので、さらに効かない(笑。

 トルクロッドの構造、純正マフラー使用による取り付け位置の制約もあり、強度的不安も無いとは言えないが、暫く使用してみようと思う。


 でも、
121009-rbs-r210_101.jpg

 まぁ、戻しやすいようにリジットマウントサポート準備済み(笑。
posted by 祁門 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600

2012年10月10日

3SXミッションシャワー

 SRX600-IVに設定されているミッションシャワー。
 苦労して取り回したであろう純正のライン、後付けの為かいまひとつ見てくれが良くない。
 ついでにセルモーター取り外しの際に邪魔で取り外す必要がある。

 そんなに取り外すことも無いけれど、鍍金も薄くなってさびも出てきたので交換したいと思いつつ暫く...。
 取り付け部分がM8-P1.25のなので、ブレーキ用のメッシュホース使うとバンジョー(M10)とシールの組み合わせが合わず気持ち悪い。

 で、

121009-3sx-msl_bb101.jpg
 
 段付きバンジョーボルト製作。

 ラインの取り回しは最短にしようと思ったものの、取りまわしがきつくなるので一度後方に迂回させる。

121005-3sx-msl_103.jpg121005-3sx-msl_102.jpg
121005-3sx-msl_101.jpg

 冷える冷えないではオイルクーラー同様、金属配管むき出しの純正に分があるんじゃないかと思うが、
 それほど頻度の無いセルモーター取り外しはちょっと楽になった。
posted by 祁門 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600