2008年12月07日

『ラ・カージュ オ・フォール』 籠の中の道化たち

 ミュージカル
 『ラ・カージュ オ・フォール』 籠の中の道化たち。

 ゲイクラブを経営する父、その看板スターである育ての母?。彼らの息子が結婚したいという娘の父親は、ゲイ嫌いの厳格な議員...。

 基本的にストーリーはひねりがなくあっさりした家族愛もの。

 ゲイ夫婦に鹿賀丈史と市村正親、この二人は勿論、息子役(山崎育三郎)の歌もなかなか、脇を固めるその他の出演者も聞かせてくれる。

 見せ場はゲイクラブダンサーの踊り?。
 半ば力任せとも見える(^_^;)が、ミュージカルを交え、息のあった迫力のあるダンスシーンはなかなか。

 惜しむらくは席が後方だったことか...、本物のゲイクラブのダンスも見たくなった(笑。

 さて、なんと言っても森公美子、でかいか...ではなく、あの声量と、コミカルで存在感のある仕草と体躯は反則だよなぁ...(`_` )。
posted by 祁門 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24041231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック