2009年03月05日

20世紀少年

 見たのは一作目のDVD。

 二作目を相方(一作目鑑賞済み)と見に行こうかと言うことで、原作漫画読んだことがなかった自分は友人に原作全単行本を借りて読破。
 なるほど、面白い。

 で、映画(DVD)。
 まず緊張感が足りない。脚本か演技のせいか、カメラワークか、編集か、監督か...。もっと端折って良いところと、逆に端折っちゃいけないところの選択が今一('_' )。

 こういうのを見ると、漫画原作ってやっぱりなめられてるのかな...と感じてしまう。
 原作見ないで映画から入れば良かったのかとも考えるが、それはそれで多分難解になるんだろうなぁ...('_' )。

 連載漫画は雑誌や単行本などで読み返すことが出来るわけで、多少の煩雑さは許される面があると思うが、映画はそうもいかない。
 だったら映画ならではの切り方ってあると思うんだけど、どうなんだろ('_' )。

 悪い作品ではないけれど...う〜ん...。
posted by 祁門 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27389872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック