2012年08月16日

抱き着き

 と、言っても、それが起きたのはだいぶ前の話で、そのまま放置。
 いい加減開けてみるかとSDRの腰上をばらす。

 SRXの方がよっぽど面倒なのに、なぜかSDRの方が面倒に感じてしまうのは水冷のせい?。
 整備中水分の処理は割りと気を使う必要がある。

 で、

120816-sdr-pis_101.jpg120816-sdr-pis_102.jpg

 ピストンとご対面。

120816-sdr-sil_101.jpg120816-sdr-sil_102.jpg

 こちらはシリンダー。

 極端に深くは無いけれど、極端に浅くも無いしさてどうしたものかと思案中。
 すでに0.25mmオーバーサイズで、この上は0.5mmオーバーか社外品。

 今現在手持ちの部品はガスケット類と0.5mmオーバーサイズピストンセット。

 0)取りあえずペーパーやらで馴らして閉じる
 1)0.25mmオーバーサイズを入手。シリンダーはホーニングのみ。
 2)0.5mmオーバーサイズに合わせてボーリング&ホーニング。

 急いでやることも無いのだが、腰上開きっぱなしというのはどうも落ち着かない。
 さて、どうしたもんだろう。
posted by 祁門 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | SDR/SRX250
この記事へのコメント
おひさしぶりです。
シリンダーは探せばまだ出てくると思いますし、
ki-manさんの確度を推すと、0.5オーバーにするのが妥当かと思いますがどうでしょう?

Posted by かえぅすき at 2012年08月17日 21:01
>かえぅすき さん
 そうでうねぇ、長期的に考えるとそうなんですよね...。
 問題は信頼できる加工をしてくれるところを探さないとなんですよ。
 2ストのボーリングって4ストよりノウハウが必要だそうですし。
Posted by 祁門 at 2012年08月18日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57629695
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック