2013年05月16日

エアコン検査

 エアコンのスイッチを入れると、マグネトが短い間隔で入ったり切れたりする。
 なんだか音も大きめ。
 冷たい風は気持ち出ているが、とても冷えるような状態ではない。

 ほっといたら自然治癒するようなものでもないので、とりあえず電装屋を検索。
 症状を記載してメールを出してみるが、返ってきたのは翌々日。
 ごちゃごちゃ書いたせいか気の無い返事。

 数点ある系列工場の何処で検査できるかや、担当者の記載が無い。
 お願いするときは再度連絡しますとメールを送る。

 再度検索。
 自転車で往復できる電装屋を選び、今度は電話。
 とりあえず車種を伝え、検査の料金と入れられる日時を確認、
 翌朝持込で入庫。

 翌日検査結果を聞くと、割と重症っぽい。
 コンプレッサー内部磨耗で金属粉の発生、それに伴いエキパン詰まり。
 高圧チューブ不良、エバポレーターからも若干漏れてるらしい。
 当然循環しているので、金属粉はコンデンサーにもまわっている。

 で、全修理金額120,000円...車買えない?

 見積もりで削れそう(様子見出来そう)な部分を確認、
 コンプレッサーは中古入手の持込。

 で、50,000円弱まで絞る。
 出来れば全部直しておきたいが、さすがに無理。

 入庫日時を確認、作業は一日半程度とのこと、後日入庫となった。
posted by 祁門 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | HIJET-ハイゼット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68642724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック