2008年08月19日

SRX-IV型用削り出しトップブリッジ(4)

 継続して政策&販売するのにはちょっと手直しがあるが、一応製品版と言うことで。

080819-3vn-albtpbr_50.jpg080819-3vn-albtpbr_51.jpg
080819-3vn-albtpbr_52.jpg080819-3vn-albtpbr_53.jpg

 ライト&メーターステーは一体型(一部別体)。

 イグニッションキー取付は別体。
080819-3vn-albtpbr_55.jpg

 ステー部分一体も考えたが、色々と複雑になるだけなので見送り。

 重量比較。
080819-3vn-albtpbr_76.jpg080819-3vn-albtpbr_75.jpg

 左が純正の鋳物、右が削り出しの制作物。
 削り出しだと左右非対称な形状や、複雑な形状の肉抜きは苦手だが、思ったよりも重量増にはならなかった。

 ライト&メーターステー別体式。
080819-3vn-albtpbr_60.jpg

 製作可だが、基本的に受注ワンオフ扱い。
 メーター周り変更の予定がなければ一体型の方が設定など簡単。
 また、トップブリッジしたハンドルにしている場合、ステーの厚み分ハンドルを落とさなければいけないのが難。

 長所は...メーター変更してたりした場合ぐらい?
 あとはσ(' ' )の自己満足とか、製作設計の関係とか。

 ライト&メーターステー部。
080819-3vn-albtpbr_61.jpg080819-3vn-albtpbr_62.jpg

 上下左右交換可。
 左は取付ボルトを見えないように内側に向けたもの。若干取り付けにくい。
 右は通常の取付。調整などはやり易いが、ボルトが見えるのは善し悪し?。

 自車両への取付状態。
080819-3vn-albtpbr_70.jpg080819-3vn-albtpbr_71.jpg
080819-3vn-albtpbr_72.jpg080819-3vn-albtpbr_73.jpg

 アルマイトは通常無色(白)。
 ライト&メーターステーは別体のタイプ。個人的には別体の方が好きなんだけど、いかんせん別体パーツの分制作費は上がる。


 気になる?価格。
 アルミ削り出しトップブリッジ(ステー一体型)/32,000円36,000円
 厳しかったら値上げする(^_^;)。
 いきなりだけど、前出の値段は無理だとわかりますた(-_-;)。
posted by 祁門 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600

2008年08月14日

SRX-IV型用削り出しトップブリッジ(3)

 メーター&ライトステー一体型も製作。

080814-3vn-albtpbr_42.jpg080814-3vn-albtpbr_41.jpg

 メーター&ライトステーが別体の物よりも、スッキリ収まりが良く、取付も楽。
 加工はトップブリッジ単品の工程などは増えるが、全体で考えれば工程は減るので価格を抑えられる。

080814-3vn-albtpbr_43.jpg

 ただし、イグニッションキー取付部分は一体型にすると加工が複雑になりすぎるので変わらず別体。
 メーター&ライトステーの下側張り出し分も別体で製作。ここは後々考えるかも。

 一応製品として出せる形にはなったかな...(`_` )。

-多分続く-
posted by 祁門 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600

2008年08月06日

SRX-IV型用削り出しトップブリッジ(2)

 そんなわけで取付確認。

080806-3vn-albtpbr_21.jpg080806-3vn-albtpbr_22.jpg080806-3vn-albtpbr_23.jpg

 いきなり不具合...。
 メインスイッチ取付ステーがフレームステム部分に干渉。

080806-3vn-albtpbr_24.jpg080806-3vn-albtpbr_25.jpg

 位置を変えて対応。
 構造的にちょっと弱くなるが、致し方なし。

080806-3vn-albtpbr_29.jpg 

 メーターケースと微妙に触れるメインスイッチステー。
 気持ち削れば問題ないな...(`_` )。

 これで問題なく取り付けられるはず。

080806-3vn-albtpbr_26.jpg

 が、ナットが最後まで締め込めない。

080806-3vn-albtpbr_28.jpg

 原因、寸法間違えて厚み取りすぎ。
 加工可能方向の間違えで良かった...。

080806-3vn-albtpbr_30.jpg080806-3vn-albtpbr_31.jpg

 仮取り付け画像。

080806-3vn-albtpbr_31.jpg080806-3vn-albtpbr_33.jpg

 ノーマルハンドル仮付け。

080806-3vn-albtpbr_34.jpg

 純正トップブリッジ。
posted by 祁門 at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600

SRX-IV型用削り出しトップブリッジ

 長い間検討していた3VN/3SX用の削り出しトップブリッジ試作。

080805-3vn-albtpbr_11.jpg080805-3vn-albtpbr_12.jpg

 試作はメータ(ライト)ステーの処理を別体パーツにして製作。
 本体の製作手間がかからないことと、メーター周り変更に融通が利く反面、
ステー分の手間がかかること、トップブリッジ下ハンドルの場合は、ステー分ハンドルが下がるというネガな部分も...。

 個人的には断然別体だけど...(`_` )。

080805-3vn-albtpbr_13.jpg

 別体パーツはこんな感じ。
 別体パーツに別体パーツを組み合わせる必要(工程を減らすため)があり、結構複雑。

 予約、依頼、ご意見等募集。
posted by 祁門 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600

2008年07月23日

3VN改、車検。

 まぁ、毎年恒例なので特に書くこともなく...

 しかし、自賠責が2年で14000円弱と、極端に下がりました。
 検査費は名目が変わったり何だと数百円上がったようです(`_` )。

 というか、問題は、ここ2年で200km前後しか乗っていないこと...(^_^;)。
 エンジン載せ替えて、車検通してからキャブの調整もろくにしておらず、アイドリングさえ安定してない。
 加えて暫くシングルシートだったので、タンデムする機会が多くなった昨今、出番がほとんど無い。

 まぁ、何より気持ちよく走らないのが問題なんで、この際FCRとっ外してノーマルキャブにしようかとも考え中。
 いやいや、セッティングしろよ、σ(' ' )って感じか。

 なんか苛々しすぎで走りも雑になるので、早めにちゃんとセッティングしますか...(`_` )。
posted by 祁門 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600

2008年07月18日

THUMPER サンパー ボックス加工

 SRX400/600 I〜III型でスイングアームを換装すると干渉するサンパーマフラーの弁当箱突起部分を加工。

080710-thmper_bs01.jpg

 切る。
 サンダーだと危険。バンドソーだと大きすぎてうまく切れない。フライスは固定が面倒な上、油使うことになるから溶接の時に面倒。
 で、手鋸で切るのが結局面倒がない。さくさく切れるけど大きい分結構大変。
 今度エアソー買おうかな...(`_` )。

080710-thmper_bs02.jpg080710-thmper_bs03.jpg

 何とか切れた。
 表面は溶接できるようにサンダーで整える。斜めになってると溶接うまくいかないし、何よりきっと嫌がられるだろう。

080710-thmper_bs04.jpg

 新たな蓋を適当なアルミ板でざっくり作る。切った方の蓋をアルミ板に乗せてマジックで型どりしてバンドソーで適当に形を整えるだけ。

080711-thmper_bs01.jpg

 ダットラで持って行ったら、忙しくてその場で溶接は不可だった。
 仕方ないので時間をおいてということになったのだが、今度はこっちの時間がおしちゃったので、渋滞に強いバイクで引き取り。
 こういうときに限って夕立に遭ってみたり。たいしたこと無かったけど。

080711-thmper_bs02.jpg

 で、完成。加工費用は諭吉さん1人ぐらい。

 σ(' ' )のは実はネジ止め。3mmのネジ多数でとまってたりする。
 時間の問題でそんなんなってるけど、その内溶接持って行かないとな...と、既に10年ぐらい経ってるかな(`_` )
posted by 祁門 at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600

2008年07月10日

ヘリサート

 THUMPER、サンパーマフラーの取付ボルトネジ部分が崩壊したので修正。

080710-thmper-recoil_02.jpg

 先ずはなめたネジ穴を拡大。

080710-thmper-recoil_03.jpg080710-thmper-recoil_06.jpg

 適度な径&ピッチのタップをたてる。
 製造からの年数による腐食などのせいか、元の材質のせいか、タップを立てるにしてもあまり綺麗に山が立たない。

080710-thmper-recoil_04.jpg080710-thmper-recoil_05.jpg

 タップに合わせたヘリサートを作る。

080710-thmper-recoil_07.jpg

 ネジ止めを塗ってねじ込む。

080710-thmper-recoil_08.jpg

 ねじ込んだところ。
 この後にサンダーで平らにしてしまうのだが、その画像を取り忘れた...orz。

 エキパイ又はサイレンサーとのジョイント部分は狭く、穴を拡大するのは元よりタップを立てるのは困難なので、もう少し小径のヘリサート用タップを使い、普通にヘリサートを入れる。

 こんな感じで終了。
 ヘリサートに使用したのはアルミ材だが、比較的錆びにくく、丈夫なものを使ったので、よほど無茶でもしなければ問題ないだろう(`_` )。
 
posted by 祁門 at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600

2008年06月25日

3SXホイール or 3XVホイール

 TZR250(3XV)のホイール。どの程度軽量か量ってみた。

 先ずはフロントホイール。

080624-3sx-fhw_kg01.jpg080624-3xv-fhw_kg01.jpg

 左がIV型SRX400/600(3SX/3VN)用(何故か金色)。右がTZR250(3XV)用。(双方ベアリング及びカラー、シール等取り外し済み。)

 大雑把にSRX-IV用の約4.5kgに対し3XV用は3.6kgといったところ。誤差を考えても0.7〜1.0kgの差があるということで、これは結構大きい数値ではないだろうか。

 続いてリアホイール。

080624-3sx-rhw_kg01.jpg080624-3xv-rhw_kg01.jpg

 左がIV型SRX400/600(3SX/3VN)用。右がTZR250(3XV)用。(双方ベアリング及びディスタンスカラー装着。ダンパー他ショートパーツ付き。ハブクラッチ無し。ブレーキディスク無し。)

 大雑把にSRX-IV用は約5.6kg、3XV用は5.0kgといったところ。
 本体自体はリム幅が4.0から4.5に変わったことを考えればまずまずか。これに付属するハブクラッチ重量は3XVが小型で若干軽量。
 ディスクをホイールに合わせて使うと小径の3XVの方が軽量、SRX用のディスクを使うとディスクサポーターが必要な分、0.2〜0.3kg重くなる。
 ※3XVの場合チェーンの選択は520サイズに限られる。


 フロントは単純に軽量化の為に交換するのが効果的。
 リアはリム幅アップの効果の方が大きく、若干の軽量化、スポークの細いデザイン、色など複合的に検討するべきか。

 リアの色変更であれば、旧?XJR400用が安価で手に入るので、フロントのみ3XVも有り(`_` )。
 チェーンやスプロケもそのまま使用できるし安上がりではある。
posted by 祁門 at 07:18| Comment(2) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600

2008年06月16日

シートのシート交換(SRX-IV型)

 シート(seat)のシート(sheet)交換。IV型。

080613-3vn-shet_b01.jpg080613-3vn-shet_b02.jpg

 実は交換してそれほど経ってなかったりする純正シート表皮。
 交換して綺麗になったらタンデムシート部分の色が、車体全体の配色にさらに違和感を感じさせるようになってしまい、結局「THE SIMPLE」さんのシングルシートのままで暫く過ごしていた。

 しかし、純正シートとシートカウルも造形としては捨てがたいので、張り替えを検討していたので、1JKのシート表皮と一緒に注文してみた。
 http://storeuser2.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/beatarou625

080613-3vn-shet_b03.jpg080613-3vn-shet_b04.jpg

 そんなわけで張ってからほぼ未使用の純正表皮を剥がす(^_^;)。

080613-3vn-shet_b11.jpg

 剥がれました。スポンジもベースから剥がれました。

080613-3vn-shet_b12.jpg

 フチだけちょっとボンドを塗ってスポンジを貼ります。ずれるからねー。

080613-3vn-shet_b13.jpg

 IV型の純正表皮はタンデムシートとの境目でベース側に引っ張って固定されてます。ここにはワイヤーも入っています。

080613-3vn-shet_b14.jpg080613-3vn-shet_b15.jpg

 ぎゅーっと引っ張ってシートベースの穴から引っ張り、ベースの出っ張りに固定。タッカーでステープル(針)を打つ。

080613-3vn-shet_b16.jpg

 ベースを天日&ドライヤーで温めながら引っ張ってステープルを打っていく。
 左右前後の張りとバランスを取るのが慣れないと難しいので、最終的に切り落としてしまう表皮の縁の方で調整しながらステープルを打ち...。

080613-3vn-shet_b17.jpg

 最終的にバランスの取れた位置で仕上げのステープルを表皮の内側で固定。
 まぁ、あまり美しくないのはご愛敬(^_^;)。

080613-3vn-shet_a01.jpg080613-3vn-shet_a03.jpg

 で、まぁ完成。どうだろう(`_` )、中途半端な灰色が消えて大分まとまりが出たんじゃ無かろうか?

 シート表皮の具合は悪くなく、タンデム部分との切り替えのあるデザインもまずまず。
 若干タンデム側の表皮のパターンが粗いかな?という気もするがそれほど気になるものではないか(`_` )。

 今回表皮と一緒にベルトも購入。灰色のくたびれたベルトじゃ合わないし...(^_^;)。

 因みに剥がした純正未使用表皮は他のシートに張り替え。ちゃんと使ってます、取り付け予定の車両はないけど(^_^;)。
posted by 祁門 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600

2008年06月13日

シートのシート交換(SRX-I〜III型)

 シート(seat)のシート(sheet)交換。シート表皮張り替え。

 以前2度ほどSDR用のシート表皮張り替えを行ったが、その時の入手先でSRX用も出している事を知り早速購入。
 生地も縫製も良く、その割に安価、おまけにハンドタッカーが欲しい人にはそれも用意してあるという、自分で張り替えしたい人にはうってつけ。
 通販での入手はYAHOOオークションのみのようだが、実績もあるし他車種用も色々あるので覗いてみると良いかも。
 http://storeuser2.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/beatarou625


080611-1jk-sheet_g01.jpg

 1JKのシート表皮張り替え前の状態。
 表皮はある程度劣化し硬化しているものの、破れの無い状態的にはまずまずのもの。スポンジはそれなりにへたっている。

 何が一番気に入らないかと言えば、タンデム時のブレーキングなどでパッセンジャーがずるずる滑ってくること。
 高速などでは微妙に前にずれてくるしで、他のところに力が入るから必然疲れやすくなる。

 そんなわけで通常は工具用のノンスリップシートを座布団代わりに使用しているが、持ち運びが面倒だったりする。

 その内その内と思っていたが、情報が入ったのでこの期にと交換することにした。

080612-1jk-sheet-p01.jpg

 張り替え後。工程画像無し(笑。
 デザインもまぁまぁ悪くない、張り替えもそこそこうまくいった。そんなわけで試乗してみる。

 ...滑らない。
 いやいや、これは一人で乗っていてもかなり楽。

 SDRでも同じ表皮を使っていたが、SDRはズレてもそれほどの範囲ではなかったし、何より純正表皮ではほとんど乗っていなかったのでここまで違っていたとは感覚的にわからなかった。
 タンデムもできないし...(^_^;)。

 取り敢えず近所をぐるっと回る程度で、タンデムもまだしていないが、これならノンスリップシートの出番はなくなるだろう。

 手間を考えると手が出ない人もいるかもしれないが、それほど難しい工程ではなく、簡単な説明書も付属するので気になる人はチャレンジしてみることをお薦め(^_^ )。

 純正表皮が9,000円超という値段に比べて、タッカーと送料入れても5,000円程度とかなりリーズナブル。
 で、性能が良いとなればちょっと試しに張り替えてみようかというのも有り。

080612-1jk-sheet-p02.jpg080612-1jk-sheet-p04.jpg

 ざっと見た目はこんな感じ。全体画像取り忘れてるな...(`_` )。
posted by 祁門 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | SRX400/SRX600