2012年09月19日

64チタンφ30mm*300mm アクスルシャフト

 材料代が高いと言うのも難点だが、削りにくいのも難点。
 ボルト状にしないでシャフト両端をネジにし、左右ナットで留めれば色々安上がりとは言うものの...。

120912-rassh_101.jpg

 ↓

120912-rassh_102.jpg 

 やはり見た目考えると...ねぇ(笑。

 とは言えナットの造り次第では、両端ネジもありかな?と思う今日この頃。
 どうだろう、作ってみようかな?
posted by 祁門 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作・作業・単車

2012年09月16日

SRミーティング in 山中湖

120916-yamanakako-sr_m101.jpg

 に、お邪魔してきました。
 車両の画像やら何やらはSR乗り方々のblogにお任せで(笑。

 割とのんびりした出発とは言え、一之江から乗った首都高は混雑気味。
 新宿過ぎるころにはすり抜けほぼ必須。

 八王子を過ぎるころからパラパラと...

 相模湖東から南下して道志に入ろうと思ったのが失敗、
 いったん止んだ雨ががっつりにわか雨に...

 程よく濡れたところで雨宿り、
 いくらか小降りになったところで再出発。が、ぱらぱらと降ったりやんだり。

 道志の道の駅手前で一度上がったものの、再度雨。
 結局山中湖に出るまで降ったり止んだりしたものの、
 到着後は晴れ間も覗くまずまずの天気。

 現地で何人かSR乗りの知人と会うものの、なぜか四輪or不参加...
 君らね...

 去年と同じようにSamsonBlueさんに顔を出し、
 ぶらぶらとSR群を見て回る。

 SRのミーティングで思うのは自由さ。
 「いいな」と思う車両もあれば、「これは無い」と思う車両もあるが、
 主観で「これは無い」車両でもオーナーは突き詰めてたりするので面白い。

 方向性として完成されて無いバイクなんだろうな、と。
 もちろん純正突き詰めるのも有りだけど、SRXより選べる方向が多いのは確か。

 自身が手に入れたらどんな車両にしたいかな...


 イベントも終わりに近づき、携帯で雨の様子を確認、帰途に着く。
 往路と同じく道志を抜け、相模湖で中央道へ。

 渋滞しているものの、天気は良好で気持ちが良い。
 何とか日の落ちきる前に帰着。ひと段落。

120916-3vn_103.jpg
posted by 祁門 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄記・日記・単車

2012年08月25日

グローブ

 バイク用に長年使っていたGRIP SWANYのG-3が崩壊。

120824-sg_101.jpg

 予備分もあったのだが、そちらは諸事情により鼠にかじられ終了。

 すでに何双目だか覚えていないが、G-1他タイプ違いを経てここ何度かの交換ではG-3を愛用していた。
 さすがに画像のようになって購入しないとと思っていた。

 他のパーツが無いかと東雲ライコランドに行った際、ついでにとグローブ売り場に寄る。
 GRIP SWANYはあったが愛用のG-3は無し。

 で、何んとなく手に取った箱のくたびれたHAROLD'S GEARのグローブを購入。

120824-hgg_101.jpg

 手に取ってみると雰囲気を感じる品物で、無くなってしまったことを残念に感じる。

 さて、何年付き合えるだろうか...。



120824-hgg_t101.jpg

 戻って箱を開けてみると盗難防止用のタグが付いたまま。
 仕組みが分からないので分解(破壊)。構造は納得。
posted by 祁門 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄記・日記・単車

2012年08月19日

アベンジャーズ

 8月19日(日)鑑賞。

 内容的にはまぁ、語るようなものではないにして...
 前半寝た(笑。
 昼飯食べてビール飲んでから見たし(笑。

 中盤から後半の攻防しながら異界人?プチプチ>ラスボス退治は予定調和ではあるものの、テンポ、登場人物出番のバランスが良く、落ちも一応すっきり。
 考えないで見られる楽しいアクション映画だった。

 3Dで鑑賞したものの、それほど3Dの迫力は感じなかったので、めがねのいらない2Dで見たほうが迫力は感じられるかもしれない。

 エンドロール序盤に次回作を思わせるシーン。これはいらなかった。
 エンドロールの最後にもう一つシーン。
 これこそ要らないシーン(アメリカと日本のみらしい)だが、こちらはなんとも味がって良かった...かな?。
posted by 祁門 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD

2012年08月16日

抱き着き

 と、言っても、それが起きたのはだいぶ前の話で、そのまま放置。
 いい加減開けてみるかとSDRの腰上をばらす。

 SRXの方がよっぽど面倒なのに、なぜかSDRの方が面倒に感じてしまうのは水冷のせい?。
 整備中水分の処理は割りと気を使う必要がある。

 で、

120816-sdr-pis_101.jpg120816-sdr-pis_102.jpg

 ピストンとご対面。

120816-sdr-sil_101.jpg120816-sdr-sil_102.jpg

 こちらはシリンダー。

 極端に深くは無いけれど、極端に浅くも無いしさてどうしたものかと思案中。
 すでに0.25mmオーバーサイズで、この上は0.5mmオーバーか社外品。

 今現在手持ちの部品はガスケット類と0.5mmオーバーサイズピストンセット。

 0)取りあえずペーパーやらで馴らして閉じる
 1)0.25mmオーバーサイズを入手。シリンダーはホーニングのみ。
 2)0.5mmオーバーサイズに合わせてボーリング&ホーニング。

 急いでやることも無いのだが、腰上開きっぱなしというのはどうも落ち着かない。
 さて、どうしたもんだろう。
posted by 祁門 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | SDR/SRX250